精力回復効果

ノコギリヤシに含まれている成分

副作用の心配症例も殆ど確認されない、安全で身体に優しくさまざまな効能があると注目のノコギリヤシ。
深く色々と情報を募る中、自ずと興味が湧いて来るのがその「成分」である事は、多くの方々も同意してくださる事でしょう。
植物的にはハーブ科に属し、前立腺肥大、排尿障害、抜け毛や薄毛の改善や予防に効果があるとされており、日本では未認可ですが、ヨーロッパの多くの国では医薬品として認可され、多くの製品が役立てられています。

そんなノコギリヤシの成分ですが、まず着目すべきなのが豊富な「脂肪酸」です。
「5α-リダクターゼ」と称される体内の酵素の働きを抑え、上記諸々に大変大きな効果が期待されているのです。
何よりノコギリヤシの成分は自然成分ですので、これまで毛髪のトラブルに最も効果が大きいとされていたプロぺシアとは違い、副作用の懸念が無い点が魅力なのは冒頭でも述べた通りです。

滋養強壮効果に長けており、歴史を振り返るとアメリカインディアンがスタミナ食としてノコギリヤシの実を食していた事が確認されています。
いわゆる「悪玉男性ホルモン」に対抗する効果を持つとされ、過剰に増幅される男性ホルモンを抑制し、女性ホルモンが司る頭髪の育毛促進にプラスの効果をもたらすと期待されているのです。
同時にこの男性ホルモンをダイレクトにコントロールする効能から、前立腺肥大を抑制し、精力回復にも繋がると注目されています。

具体的に更に掘り下げ列記すると、ノコギリヤシの有効成分は「βシトステロール」「オクタコサノール」などがそれらの代表格です。
細くすると前者はステロールの一種の植物から由来する栄養素であり、コレステロールから生じる悪影響を抑制する効果が既に周知されています。
後者や「飽和アルコール」に属する成分であり、肥大した前立腺を小さくする事で、男性の尿に関するトラブルの改善に多大なる効果を発揮すると認識されています。

「成分」という専門的な視点から検証し掘り下げて行くと、どうしても数々の専門用語が登場し、実際に利用を検討する私達からすれば、時に腰が退けてしまう感覚を覚えるかも知れません。
何よりこのノコギリヤシの未知かつ私達人間にとって想定外の効能が期待出来る成分に医学界が注目してからも月日が浅く、今日も各所で検証作業が続いているのも実情です。
今日の研究技術でノコギリヤシが有する成分はデータ的には抽出検証されていますが、それらが実際に私達にどのような効果をどれだけ確実に届けてくれるのか、それは未知数なのも事実。
1日も早くそれらが解明され、より手軽安全安価に私達が活用出来る時が訪れる事を期待するばかりなのです。
また、ビタミン類とノコギリヤシを一緒に摂取することでより効果的です。

このページの先頭へ